Q&A

水の飲み方

自分に合った水を見つけよう!水の飲み方&選び方 Q&A

水の飲み方

  • 一日にどれくらい飲めばいい?

    毎日の生活で体から出ていく水分量を飲み水で補うことが大切です。
    尿や便、汗など体の塩分のバランスをとるため、不必要となった老廃物として1日に約2ℓほど排出され、吐く息の水分から0.4ℓほど排出され、およそ2.5ℓの水分が排出されます。
    食べ物や体内の脂肪分解によっておよそ1ℓほど新たに水分の摂取ができるため、一日の目標飲水量は約1.5ℓ程度となります。
    体の大きさによっても異なるので、体重×30㎖と計算しても良いでしょう。
    必要飲水量を毎日摂取することは大切ですが飲みすぎると腎臓に負担が掛かるので適切な飲水量を守るのが大切です。

  • 水じゃなくても清涼飲料水を飲んでいれば良いの?

    スポーツドリンクやビタミンC飲料を飲んでいるから水は足りているという考えは間違いです。
    また、コーヒーやお茶も同様です。
    利尿作用のないものも糖分の添加がされていないものがありますが、「水」以外の の飲み物で体内水は整えられないと考えましょう。
    ビールやワインなどのアルコール類ももちろん水の代わりにはなりません。

  • 飲む時間帯はいつでもいいの?

    時間帯ではなく食事と睡眠を基準に考えると良いでしょう。
    飲み方のルールとして3:5:4がおすすめです。
    朝起きてから昼食までに「3」、昼食後から夕食までに「5」、夕食後から寝るまでに「4」の割合で水を飲むようにしましょう。
    仕事の時間や家にいる時間など生活のリズムに合わせて調整を行い、暮らしを見つめなおすことが大切です。

  • むくむから水を飲まないのは正しいの?

    女性に多い症状の「むくみ」。むくんでいるから水を飲むのは控えているという声をよく聞きますが、これは間違いですので気を付けましょう。
    水を控えれば一時的に体内の水分量が不足するので、むくみが取れたように見えるかもしれません。しかし、慢性脱水症を悪化させる危険もあるので、前述の3:5:4のルールに則ってバランスよく水を飲みましょう。

  • 寝る前にはたくさん飲んだ方がいい?

    水は小分けにしてチビチビと飲むのが基本です。就寝中は水を飲めないので、朝目が覚めたら水を飲むのはOKです。
    しかし、寝る直前にたくさん水を飲むのはあまりよくありません。
    入浴後にのどが渇き、水が飲みたくなるかと思います。少量の水をチビチビ飲むようにしましょう。就寝前に飲みすぎると夜中に排尿感で目が覚めてしまい、睡眠の質を妨げることがあります。
    水は基本的にチビチビ飲みにしましょう。

  • 飲み水の温度の適温は?

    冷たい水を飲むと爽快感がありますが、朝一番に飲む水は常温水がおすすめです。
    体を目覚めさせたいときや、お通じのきっかけにしたいときは常温水を飲みましょう。
    もちろん冷たい水を飲みたいときは良いですが、内臓や筋肉を冷やしすぎないように、冷たい水を飲みすぎないように注意が必要です。

  • 水飲みを気にかけていますが、効果を上げる方法はありますか?

    水の飲み方を改善することで、体内の水のめぐりが良くなり、全身のむくみが取れたり、体調が良くなることが期待されます。
    これをさらに効果アップをさせるためには補うだけでなく、排出する力を付けるが良いでしょう。
    軽い運動を行うことで、汗と呼吸の両方から水分を排出することが出来るのでおすすめです。
    運動が苦手の場合は過ごしやすい時間帯に軽いウォーキングから始め、徐々にランニング等の有酸素運動に切り替えましょう。

水の選び方

  • 老廃物排出によく、代謝がよくなる水はどんな水ですか?

    軟水がおすすめです。
    日本の水も多くは軟水で、飲みやすいうえ体への吸収率も高いので、日常的に摂る水として申し分ありません。
    また、カルシウムやマグネシウムなどの含有量が少ないので、胃腸に負担を掛けません。
    こまめに水分補給をすることで、体内の水を循環させ、老廃物を排出することが可能です。
    体内の水分量を保持していれば加齢によるシワ対策にもなり、ドロドロ血が解消できれば内臓や肌の調子もアップします。

  • 便秘を解消したいときにはどんな水を飲んだらいいですか?

    硬水がおすすめです。
    硬水にはマグネシウムやカルシウムなどのミネラルが多く溶け込んでいます。
    カルシウムには脂肪の燃焼を促進し、吸収を抑えてくれる効果やイライラの解消にも役立ちます。
    マグネシウムは腸の水分を引き寄せて便を柔らかくしてくれる効果があります。
    便秘解消には硬水を選ぶといいでしょう。

  • 健康や美肌に効果のある水はなんですか?

    シリカ水がおすすめです。
    最近注目を集めているシリカ水。シリカは肌の保湿や骨、毛髪、爪などの再生を助けてくれる成分です。30~40歳くらいになると、持っている量が生まれた時の半分くらいになると言われています。
    体内で作ることができないため、食品や飲料から摂取するしかありません。
    また、美肌に良いとされるコラーゲンやヒアルロン酸を摂取する際はシリカを摂取すると効果アップが期待できます。
    シリカを摂取するにはシリカ水がお手軽です。

  • 高血圧に良い水はありますか?

    バナジウム水がおすすめです。
    バナジウムはカルシウムやマグネシウムと同様に体で様々な働きをするミネラルの一つです。
    バナジウムは、血糖値を下げるホルモンであるインスリンと似た働きをするという研究報告があります。
    同時にコレステロール値を下げ、血液をサラサラにしてくれます。
    また、デトックスや脂肪の燃焼、美肌にも効果が期待されています。

  • 血行をよくする水はどんな水ですか?

    炭酸水がおすすめです。
    炭酸水を飲むと血中の二酸化炭素の濃度がふえますが、体はそれを「酸欠」と勘違いします。
    すると血管が広がって血液が全身に行き渡り、冷えの改善なども期待されます。
    食前に150㎖ほど飲むと胃が刺激されて食欲を増進、300~500㎖ほど飲むとガスでおなかが膨れて食欲を抑制することもできます。

  • 海洋深層水ってどんな水ですか?

    推進200m以上の深海層にある海水を処理したお水。
    深海は太陽の光が届かないため、植物プランクトンが生息しておらず、有効成分が栄養として使われることなく残っています。
    多くのミネラル成分を含み、特にマグネシウムが豊富です。
    その効果で肩こりや高血圧、骨粗鬆症、便秘などの解消に役立ちます。
    また、更年期障害やPMSを改善し、肌のターンオーバーを助けるなど女性の悩みに良い水です。

水素について

  • 水素水は子どもに飲ませてもいいのですか?

    子どもから高齢の方まで家族皆さんでお飲みください。
    水素は薬品ではないので、摂りすぎても副作用はありません。
    年齢に関係なくどんどん摂っていただいて構いません。
    ただ、年齢が若い場合、悪玉活性酸素の影響を自覚できる人が少ないので、水素の効力を感じられないかもしれません。

  • 水素水はペットボトルで保存できますか?

    地球上で一番小さい分子である水素の特性上、通常のペットボトルですと、時間の経過とともに水素が抜け出てしまいます。ボトルに入れた後はお早めにお飲みください。

    WILLWATERでは、水素水用の専用のペットボトルをご用意しています。
    通常のボトルより厚みがあり、つなぎ目もない作りなので、水素が抜けにくい構造になっています。

    詳細はこちら
  • 水素はどのように摂取するのが良いのでしょうか?

    水素の摂取方法として生活の中で一番手軽で継続が出来るのは水素水を飲むことです。
    水素水のウォーターサーバーでしたら日常の飲み水で水素の摂取ができるので、毎日手軽に飲むことができます。
    ほかにも水素入浴剤を使用し、お風呂タイムに全身から水素を取り込むこともできます。
    飲み水やお風呂で日常生活の中で水素を摂取する以外にも、水素吸引機を使用することで、高濃度水素を効率よく摂取することも可能です。
    ライフスタイルと照らし合わせて自分に合った摂取方法を探しましょう。

  • 水素はどれくらい続けたら良い?

    1~2回では効果が無いので、半年は続ける必要があります。
    美容では肌に直接塗ったり効果が実感しやすいですが、体の不調も老化も時間を掛けて問題が起きてくるので、解消にも時間が掛かります。最低半年は続けて効果を見てみてください。

お問い合わせ

お問い合わせ・資料請求・レンタルお申込みは、お電話または24時間受付のメールフォームよりご連絡ください。

0120-288-822

電話受付 平日 10:00~19:00